新着順:3003/4583 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

谷垣も菅と一緒

 投稿者:皇国の護国運動家  投稿日:2011年 4月30日(土)10時03分16秒
  通報 編集済
  原子力政策見直しは慎重に、自民・谷垣総裁
産経新聞3月31日(木)19時3分[.] 自民党の谷垣禎一総裁は31日午後の記者会見で、日本の原子力政策の見直しについて「諸外国みなが見直すと世界中のエネルギー需要の変更につながるので、視野を大きく取りながら組み立てないといけない」と述べ、慎重に検討すべきだとの見方を示した。

 谷垣氏は17日の記者会見で「原子力政策の推進は難しい状況になった。事故を速やかに総括・分析し、新しい対応を打ち出さないといけない」と指摘。原発推進の方針を見直す考えを表明していたが、慎重姿勢に後退した格好だ。

 原子力政策に関する党の新たな基本方針はエネルギー政策合同会議(甘利明委員長)で取りまとめる予定で、谷垣氏は「小手先の提言では済まないので、若干問題点を整理するには時間がかかるだろう」との見通しも示した。

[.]Copyright 2011 SANKEI DIGITAL INC.[.]

自由民主党は「原発廃止」までを主張しきれていない。これじゃあ、民主党と一緒。こういう人が旧与党の党首だったから、菅直人なんかに票が言ってしまった。谷垣氏も菅首相の売国プロジェクトに協力しているようなもの。

義援金、被災者に届かない…給付は1割未満
読売新聞4月30日(土)3時4分[.] 東日本大震災で寄せられた義援金の給付が進まない。岩手、宮城、福島の3県へ日本赤十字社などから送られた約580億円(第1次分)のうち、被災者の手元に届いたのは1割にも満たないことが、読売新聞の調べでわかった。

 事務を担当する市町村側で職員が足りなかったり、住民への通知や本人確認が出来なかったりし、足踏み状態が続いている。

 日赤や中央共同募金会など4団体と被災した15都道県による「義援金配分割合決定委員会」は今月8日、死亡・行方不明者1人当たり35万円、住宅の全壊・全焼は1戸当たり35万円、半壊・半焼は同18万円を各世帯に配ることを決めた。

 宮城県には計約238億円が配分されたが、実際に受け取った被災者は、ほとんどいない。全職員の7人に1人が死亡・行方不明となった同県南三陸町では、戸籍が流失するなどして受取人の確認が難しいことに加え、町外への避難も十分把握できないという。「事務量が多く義援金にまで手が回らない」と、町職員から悲鳴が上がっている。

 岩手県には約101億円が配分されたが、29日現在、申請を受け付けているのは、対象23市町村のうち宮古市など5市町村のみ。野田村が、県と村の独自分を上乗せして259人に計1億4002万円を渡しただけで、他の自治体では支給はこれからだという。
[.]COPYRIGHT THE YOMIURI SHIMBUN

そういえば、東大の教授が菅直人の支離滅裂な対応に抗議して内閣参与を辞任したらしいな。できたら辞任する前に菅首相の方をやめ指すように説得してほしかったんだけど。
 
》記事一覧表示

新着順:3003/4583 《前のページ | 次のページ》
/4583