新着順:3021/4583 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

台湾併合に関する素案(1)

 投稿者:皇国の護国運動家  投稿日:2011年 4月25日(月)14時27分40秒
  通報 編集済
  1. 地位

日本と台湾は、日本と日本国民統合の象徴である天皇陛下の下、その地位は平等でなければならず、決して支配者・被支配者の関係であってはならない。

台湾は連邦制国家・大日本帝国の一部であり、植民地ではない。大日本帝国の国家元首は天皇陛下であるから、当然台湾の君主も天皇陛下である。

名称は自治区なので「台湾共和国」とするのが普通であるが、民主主義国家ではなく、立憲君主制なので、「台湾皇国」又は「台湾自治区」とすべきであろう。
 
》記事一覧表示

新着順:3021/4583 《前のページ | 次のページ》
/4583