新着順:3981/4596 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

無題

 投稿者:歴史の観察者  投稿日:2010年11月13日(土)07時51分56秒
  通報
  他板投稿文貼り
(管理人さま、ごめんなさいね・・何か宣伝のようで?)

私は、今回の尖閣漁船の領海侵犯事件・・公務執行妨害なんてこと言わない・日本国権侵害そのものであり・これの中国漁船逮捕を、政府の対応で起訴もせずに釈放したことは、今後の中国の尖閣領有権を勢いづかさてた外交的大失策と思う・・。

だが、菅内閣はそれをやり、官の検察は自ら泥をかぶり政府方針に従った・・国家運営システムとしては、これは已むを得ないことだと思うよ・・官は時の政府に従う義務があるからね・・クーデター以外はね・・国民の義務と官の義務はちょっと違う。

故に今回のビデオ非公開とした菅内閣の決定も反対である・・あんな程度を非公開とするのは、いくら国際会議の日中首脳会談考慮のためとはいえ実におかしい・・そんな首脳会談は延期すればよし。 だがこれはあくまで草の思いであり、責任重き政府とは別のものである。

だが、おかしいとは言え、政府がそれを決めた、ここを決めた以上は、ここで守秘義務を官は背負はなくてはならない・・それが官の職務である・・官は政治家でも庶民でもない・・政府に従順でなくれはならないの・・それが気にいらない時は、脱藩浪人となり藩を飛び出さなくてはいけない・。

坂本竜馬でいかなくちゃアカンの・中岡慎太郎でね、武市半兵太のまま、藩改革をやろうとすれば、大殿さまの政治感覚一つの違いで、反逆反藩行為で処刑される。文句は言えん、それが藩から禄を得た士(官)の責務であるからだ・・官の義務については、幕藩体制と今は、なあ~にそんなに変化しろらん・・それがミカドを天に抱く、豊葦原瑞穂中津国の悠久の仕組みである。ある意味ではこの国は官で持っている 官に厳しき倫理が求められる仕方のないことだ・・。

余談だが、竜馬のエライ所は、この友の武市を弾劾し死に追いつめた後藤象二郎とタッグが組める思想柔軟性である・悪く言えば
「ええ頃八兵衛」・・水と空気の存在、日本人・本来の心であろうか・・そして、この後藤象二郎により暗殺された可能性もあるからだ・・そんな悪い奴とも手が組めた大度がある。

今回、神戸の海上保安庁の職員(士)が、藩(政府)の方針(非公開)に逆らい、藩の秘密を暴露した・・そんなもん秘密にするべきでない性質と言えども、藩はそれでも秘密にしたいんだ、藩が無くならない限り、脱藩浪人ではない藩士は、藩からの御沙汰(下)があるのは已むを得ないだろう・その罪状が重いか軽いかは別にして・・。

本人も獄門打ち首でなく切腹覚悟でやったんだろ・・失職は意識のウチだ・・ならば従容と死なせてやるも慈悲であり、本人が腹を切りたがっているを、その刀をとりあげる・・それと介錯してやる・・武士としてどちらが本分かも考えなければ・・。
本人が記者にクビと懲罰は覚悟と言うたんやろ・・助命嘆願は、司法の大岡裁定を心から望む程度でいくべきだろう・・「勝手に死ぬは、そりゃええ格好しやで!」と?。

こりゃまた○○○○の方針に反すること書いてしまったかな?・・。
だが、すべて○○○○方針と一緒とゆうほうが気持ちが悪い・・
このぽうがその本音は胡散臭い・・とゆうことだ私の暴言、失言を許していただきたい・・。

私は脱藩浪人になっても15年間は官守秘義務は守った、民にそれがあるかどうかはわからんが、あと10年間は、お世話になったゼネコン藩の内幕は一切暴しないつもり・・この感覚からいけば上記のような憂国の士にも厳しき言をはくこと許されい・・。
(おわり)
 
》記事一覧表示

新着順:3981/4596 《前のページ | 次のページ》
/4596