新着順:1213/4597 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

私の言いたいことは…

 投稿者:皇国の護国運動家メール  投稿日:2012年 3月28日(水)11時47分15秒
  通報
  一選挙区八人当選で、その2.5倍が立候補とする観察者氏の案だと、なんと、一選挙区に十六人も立候補することになる!

おまけに、マニフェスト選挙にならないから、十六人の候補者がそれぞれ全然違うことを言うわけだ。その十六人の意見を有権者が聞かなければならない。少なくとも十六人が選挙カーでわめいて、ポスターを張って、有権者を誘致して、なんというややこしい選挙になるのか!

確かに観察者氏のように楽しめる方もいるかもしれない。だが、私は「ややこしい」の一言以外、何も出てこない。おまけに八人が当選するとなると、一位当選者の半分にも満たないものが当選したりすることもありうる。例えば、自民の大物代議士のいる選挙区で、「自民2議席、民主4議席、公明1議席、社民1議席」というのもありうるわけだ。

そういうことも考えないといけない。社民党なんかは早くつぶさないといけないと私は考えている。

>日本のような「自然災害の博物館」と英国のような「自然災害が滅多に起きない国」の「統治」のありようは、果たして同じであっていいのであろうか。

やっとまともなこと言ったな。だが、英国には村山富一みたいなのはおらんかった。中選挙区制の間、社会党はかなりの議席を持ち、二度も総理を出したが、その結果、皇国の利益になりましたか?

>ところで、明治以来、日本は、「統治」に絡む制度に関しては、その「範」を英国に求めてきた。二大政党体制、党首討論、「マニフェスト(政権公約)」は、そうした模倣の事例である。

失礼ながら、あなたは案に小沢先生を批判しているように思われます。あなたが挙げた三つはどれも小沢先生の導入したものですから。ところで、新政党や日本新党のような小政党が与党になれたのも、中選挙区制だからじゃないですか?小選挙区制導入後、これらの政党はまとまって「新進党」になっていますからね。


>日本よ真似るなら、近いとこ真似ろ。 櫻田はええことゆうた。 だが護国さんには1ミリの理解なきこと百も承知。

あのなあ、だから私も「近いとこ」の支那をまねろと言って、こう投稿したんだ。

「供託金はいったいどこの国の制度か知らんが、そんなの廃止だ。同じアジアの西戎の隣国のように「市民十人の署名」とすればよい。」

そんな私に対して「1ミリの理解なきこと百も承知」というのは明らかに根拠のない文章。まあ、私が小沢派じゃなかったらあなたも私へ根拠のない中傷を言ったりはしなかったんでしょうが。観察者氏は「とにかく小沢が憎い」しか考えていない。

◆小沢一郎は売国奴?いや、安倍晋三こそが真の「売国政治屋」だ!~~「自民改憲論」を斬る!
http://nipponkakuryoukai.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-9f63.html
 
》記事一覧表示

新着順:1213/4597 《前のページ | 次のページ》
/4597