新着順:1290/4596 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

原発反対は左翼を利するだけだった

 投稿者:解法者  投稿日:2012年 3月11日(日)20時11分51秒
  通報
   原発反対は科学を越えて政治運動と化している。こういうことは最初から予想されたことだ。左翼はあるとあらゆる問題を政治闘争に利用する。つまり、その根底には国家=悪という思想があるからである。科学的根拠などどうでもいい。政治運動にどのくらい利用できるかである。その最たるものが<被災地のガレキの受入反対>である。
 <被災地のガレキの受入反対> 原発反対と何の関係もない。震災で発生してしまったガレキ、放射能による汚染がないと判断されている。それを完全な汚染がないだと? この世に完全な安全などあろうわけがない。我々は日々危険な中に生きている。農業用ダムだって崩た地域だけで処理することは不可能だ。それが例え放射能による汚染があったとしても処理しなければ危険はさらに増大する。
 原発反対はいたずらに社会不安を拡大している。これこそ左翼の思うところで、権力というものを崩壊させる目的に沿う。
 これに乗っかる住民もバカだが、これになすすべもない原発反対を主張する右翼はもっとバカだ。原発反対を主張する右翼は独自の運動を構築できる??? その具体像を聞いたことがない。右翼はもっと惨い。<思考停止>というヤツだ。できないなら原発反対を引っ込めたらよい。
 
》記事一覧表示

新着順:1290/4596 《前のページ | 次のページ》
/4596