teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


荒い下塗りを作りました。

 投稿者:横塚 駿  投稿日:2006年 6月15日(木)08時54分25秒
返信・引用
  すばらしいものを見せていただきました。いつかわたしも試したくなりました。
接着剤とすさの入った漆喰を買ってきて砂と同量にまぜあわせ吸収地を朝から2枚のパネルに鏝で縫っておきました。よく乾かせとおっしゃるのでそのまま10日ほど置いて置こうかと思います。ざらざらの下地には石灰が食い込むのでしょうね。多分そのために剥落やひび割れがなくなるのでしょうか。早く次の鏝絵をやりたいのに待つことは辛いです。
 
 

写真の説明

 投稿者:(有)巧左官工芸  投稿日:2006年 6月14日(水)22時50分8秒
返信・引用
  写真の赤い部分は石灰のうえに顔料を刷毛塗りしてから磨いたものです
ポンペイの技法再現の研究をしていたときのもので
石灰モルタルを磨いてからバーミリオン(朱)と石灰クリームを混ぜたものを刷毛塗りし、鏝で磨き、さらにそのうえから絵を描いてその絵のうえからまた磨くという技法を実験してみました
描いた絵が漆喰と一体化して大理石みたいに光っていました
ここまでやらないと絵が2000年はもたないと思いました
 

下地、肝に銘じます。

 投稿者:横塚 駿メール  投稿日:2006年 6月13日(火)13時29分8秒
返信・引用
  ありがとうございます。次はモルタルで下地を作って挑戦します。この場合は砂と石灰だやります。水を打つのですね。意味がわかりました。写真では砂漆喰の上に赤い銅版のようなものを載せておられますがそれは重石なのでしょうか。他のものでいいのでしょうか。自分だけではきっと試行錯誤をたくさん繰り返して投げ出すところかも知れなかったので一言がどれだけありがたいか言葉で表せません。ともかくやってみます。今後ともよろしくお願い申し上げます。

http://nozigiku78.hp.infoseek.co.jp/

 

RE:ひび割れはどうしておきますか

 投稿者:(有)巧左官工芸  投稿日:2006年 6月12日(月)15時23分2秒
返信・引用
  本来、左官材料は水引のある下地のうえに塗るものです
下地が水分を吸収することで接着と圧縮ができます
土佐漆喰は糊が入っていないので接着はあまりよくありません
また急に乾くのも剥離の原因になります
砂漆喰を下地に塗って、出きれば乾燥してから水打ちをしてから土佐漆喰を塗ってください
石のように硬くするにも下地が大事です
少しずつ吸水させながら押さえ込むと硬さは増していきます
 

ひび割れはどうしておきますか

 投稿者:横塚 駿メール  投稿日:2006年 6月12日(月)10時07分39秒
返信・引用
  私は画家です。六年程前から鏝絵について関心があったのですが最近思い出して鏝絵のレリーフを試作しています。左官仕事については全く知らないのですがこれからも鏝絵に集中してゆきたいのでいろんな困難に遭遇すると思います。今回は40センチ四方ほどのパネルにモルタル接着強化材を塗ってから土佐漆喰を5ミリ厚に鏝で塗りました。
それが平面にうまくぬれません。モルタルを耳たぶほどの硬さに練ったのですが薄いほうがいいのでしょうか。仕方なく翌日少し固まってきたのでサンドペーパーをかけて上塗りしたら三日目にひび割れが入り剥落するほどのなりました。なぜでしょうか。
またモルタルが石のように硬化して欲しいのですが、三日目では削り取れます。ずっと以前に買った土佐漆喰なので石灰が風邪を引くと言うことがあるのでしょうか。幼稚な質問で申し訳がありません。
 

五月の漆喰工芸教室開催のお知らせ

 投稿者:takumiメール  投稿日:2006年 5月16日(火)22時12分32秒
返信・引用
  五月の第三日曜日は21日なので、21日午後一時から大森の壁画ラボのアトリエにて漆喰工芸教室を開催します  

住宅見学会

 投稿者:(有)巧左官工芸  投稿日:2006年 2月24日(金)15時09分38秒
返信・引用
  3月4日(土)、5日(日)の両日、鶴ヶ島市富士見4丁目にて、木の家完成見学会を開催いたします。
 大きな栗の大黒柱に西川杉と秋田杉のフレーム、桧と杉の床板、サワラ板壁に高野槇の浴槽とみどころがたくさんあります。
 工事は、オープンシステムで進め、職人ネットワークを発揮した建物になりました。
 詳しくは、電話、メール、FAX等でお問い合わせ下さい。
koupw.oosawa@nifty.ne.jp
コウ設計工房 大沢まで

http://homepage2.nifty.com/koupw/rink.htm

 

BAR UZURA Final

 投稿者:takumi  投稿日:2006年 2月14日(火)17時16分18秒
返信・引用
  約四年前に漆喰造形の可能性を追求した内装を作った
そのお店が閉店することになり非常に残念
2月24日で終了になる
もっと大勢の人たちに見てもらいたかった
いまからでも行ける人には是非漆喰で囲まれた空間を体験して欲しい

渋谷区宇田川町14-14コーノビル3F
03-3462-5815
BAR UZURA
 

漆喰工芸教室

 投稿者:(有)巧左官工芸  投稿日:2006年 1月18日(水)19時16分27秒
返信・引用
  二月半ばから漆喰工芸教室を壁画ラボで行います
詳しくはこちらまで
http://www.hekigalabo.com/sikkuikougei.html

http://www.hekigalabo.com/

 

有難う御座います

 投稿者:ACMilanメール  投稿日:2005年12月20日(火)19時16分35秒
返信・引用
  迅速なご回答有難う御座います。
全くご指摘の通りで、根拠の無い営業マンの説明に憤りを感じておりました。
修繕してもらうよう交渉したいと思います。なんせ、入居2週間ですので。
詳細かつ迅速なご回答有難う御座いました。
 

レンタル掲示板
/8